田中圭と嫁さくらの馴れ初め|妻の女優経歴や夫婦が共演したドラマを調査

田中圭と妻さくらの画像

俳優として、映画でもドラマでも、おおいに活躍を見せてきた、田中圭さん。

さて、そんな田中圭さんといえば、嫁が、もう引退したものの、女優やタレントとして活動していたさくらさんということで、有名ですね。

そこで今回は、そんな田中圭さんと嫁のさくらさんについて、特集していきたいと思います。

さくらさんの経歴、田中圭さんとさくらさんが共演していたドラマ『まっすぐな男』など、さくらさんが女優時代に出演してきたドラマをさっそく、確認していきましょう。

また、田中圭さんとさくらさんが交際することになった経緯、そして結婚した時期、結婚理由が炎上してしまった理由なども見ていきたいと思います。

1.田中圭の嫁さくらの経歴と出演ドラマ

まずは、田中圭さんとその嫁のさくらさんの経歴、出演ドラマを確認していきたいと思います。

田中圭さんは、1984710日、東京都の出身で、20213月現在の年齢は、36歳となっています。

2000年、ドラマ『孤独な果実』への出演によって、俳優デビュー。

2002年、映画『自殺サークル』への出演によって、映画デビューしました。

これまでに田中圭さんが出演してきた映画は、『予告犯』、『伊藤くん A to E』、『スマホを落としただけなのに』、『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』、『記憶にございません!』など。

ドラマは、『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』、『健康で文化的な最低限度の生活』、『獣になれない私たち』、『あなたの番です』、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』などとなっています。

さくらさんは、1983831日、愛知県の出身で、20213月現在の年齢は、37歳となっています。

2002年、映画『SHA–CHI–HO–KO』への出演によって、女優デビュー。

2004年、ドラマ『ディビジョン1』への出演によって、ドラマデビューしました。

これまでにさくらさんが出演してきた映画は、『紀雄の部屋』、『下弦の月~ラスト・クォーター』、『透光の樹』、『東京フレンズ The Movie』、『幸福な食卓』など。

ドラマは、『瑠璃の島』、『貞操問答』、『結婚できない男』、『ブルドクター』、『南極大陸』などとなっています。

2.田中圭と妻さくらの共演ドラマ「まっすぐな男」とは

さて、ここまで、さくらさんが女優時代に出演してきたドラマについて見てきましたが、なかでも注目されていた、田中圭さんとさくらさんが共演していたドラマ『まっすぐな男』について、見てまいりたいと思います。

ドラマ『まっすぐな男』は、20101月クールに、フジテレビ系で放送された作品でした。

その内容は、文字どおり、松嶋健一郎という、性格がまっすぐである男が、栗田鳴海という、小悪魔チックな感じの女性と出会ったことをキッカケとして、変っていくというものです。

キャストは、主人公の松嶋健一郎役が佐藤隆太さん、ヒロインの栗田鳴海役が深田恭子さん。

ほか、熊沢志郎役が田中圭さん、日下英樹役が遠藤雄弥さん、桑田佐智子役がさくらさん、山崎芳樹役が宇梶剛士さんなどとなっています。

ちなみに、熊沢志郎は、町田佳乃という雑貨ショップの店員のことが好きで、栗田鳴海のことは微妙に思っている、松嶋健一郎の同僚。

一方、桑田佐智子は、松嶋健一郎、熊沢志郎と同じ会社に勤務しているOLという役どころでした。

田中圭さんやさくらさんのファンであれば、ぜひ一度、観ておきたいですね。

3.田中圭とさくらの交際経緯

それでは、田中圭さんとさくらさんが交際にいたった経緯とは、どういうものだったのでしょうか。

ずばり、それは、2010年のドラマ『まっすぐな男』における共演だったのでした。

よくあるパターンではあるものの、上述のように、田中圭さんとさくらさんは、別に主人公とヒロインの役を演じていたというわけではありませんでした。

それどころか、田中圭さんとさくらさんは、ドラマ『まっすぐな男』の撮影中に交際してはいません。

撮影終了後、打ち上げのときに意気投合し、熱愛に発展したとのことです。

こうした交際経緯であったなら、田中圭さんもさくらさんも、ドラマ『まっすぐな男』に対する思い入れはそうとうなものがあったのではないでしょうか?

4.田中圭とさくらが結婚した時期や理由が炎上した理由

では、田中圭さんとさくらさんが結婚した時期は、いつだったのでしょうか。

田中圭さんとさくらさんが結婚したのは、2011年のこと。

さて、なんと、田中圭さんとさくらさんは、どういうわけか、結婚したところ炎上してしまったといいます。

その理由ですが、ご紹介しましたように、略奪愛などではありませんし、何なのかと思ったら、いわゆるできちゃった婚とのことでした。

今ではよくある話ですが、当時はまだ風当たりが厳しかったようですね。

そんな中、田中圭さんは結婚した際のコメントで「いろんな選択肢があったが、今失って困るのは妻だと思ったから結婚を選んだ」と語っていたのでした。

これに対し「子供ができたのに他の選択肢とは?」という予想通りの批判が起こったのです。

2011年当時ですからまだおとなしいもんでしたが、これが2021年だったらもっと大事だったでしょうね。

これだけでイメージガタ落ちであな番の映画も中止になってたかも?というのは冗談ですが、時代ですね。

映画でもドラマでも、今や、その顔を見かけないことはない、田中圭さん。

一方、さくらさんは、残念ながら引退しましたが、田中圭さんと末永くやっていってほしいですね。

今後も、そんな田中圭さんとさくらさんを見守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です