池田鉄洋の経歴と出演ドラマの人気ランキングと役柄や感想を調査

池田鉄洋の画像

今回は、俳優の池田鉄洋さんについて、見てまいりたいと思います。

個性派の俳優として、これまでにたくさんの映画やドラマに出演していた、池田鉄洋さん。

そんな池田鉄洋さんとは、どういった俳優だったのでしょうか?

子供でも知っているような有名な人物ではないこともあって、ますます気になりますので、これからさっそく、そのプロフィールを見ていきましょう。

ここでは、池田鉄洋さんの出演してきたドラマの人気ランキングがどうなっていたのかや、池田鉄洋さんが演じてきた役柄はどのようなものだったのか、さらにその感想もチェックしていきたいと思います。

それではさっそく、ご覧ください。

1.池田鉄洋の経歴

池田鉄洋さんは、19701031日、東京都の出身で、20211月現在の年齢は、50歳となっています。

ニックネームは「池鉄」。

身長は175センチ、体重は65キロ、血液型はAB型でした。

所属芸能事務所は、ホリプロ。

趣味は、映画鑑賞、ニアレトログッズの収集、へなちょこマンガ描き。

特技は、水泳、スキー、キャンピングとのこと。

取得した資格は、普通自動車免許、剣道初段。

そんな池田鉄洋さんは、2004年、猫のホテルという劇団のなかで、表現・さわやかというコントユニットを設立して、劇作家や演出家として活動していくことになります。

やがて、池田鉄洋さんは、2009年には、ドラマ『子育てプレイ』において、演出を担当し、演出家としてのはばをひろげていくことに。

そして2011年には、映画『行け!男子高校演劇部』において、脚本を担当し、脚本家としても活動していくことになったのでした。

2012年には、猫のホテルを退団したものの、表現・さわやかは、引き続き、主宰していくことになります。

そんな池田鉄洋さんは、2014年には、プライベートで、一般人の女性と結婚していました。

池田鉄洋さんがこれまでに出演してきた作品は、実に多岐に及んでいます。

映画では、『NANA』、『トリック劇場版2』、『謝罪の王様』、『今夜、ロマンス劇場で』、『任侠学園』、『屍人荘の殺人』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『元禄繚乱』、NHK連続テレビ小説『純情きらり』、『トリック』、『医龍-Team Medical Dragon-』、『下北サンデーズ』、『ストロベリーナイト』、『怪盗探偵 山猫』、『99.9 –刑事専門弁護士』、『アンナチュラル』、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』などに出演していたのでした。

さらに、池田鉄洋さんは、大塚製薬、ブリヂストン、出光興産、大王製紙、東京ガス、明治製菓、オリックス生命、NTTドコモ、味覚糖、SBI証券といったCMにも出演しています。

これからも、池田鉄洋さんの活躍を応援していきましょう。

2.池田鉄洋の学歴

それでは、池田鉄洋さんの学歴は、どうなっていたのでしょうか?

池田鉄洋さんが卒業した小学校、中学校、高校は判明しておりません。

もっとも、大学は分かっていました。

國學院大學だったのですね。

國學院大學出身の著名人には、10代目松本幸四郎さん、さだまさしさん、嗣永桃子さん、東儀秀樹さん、18代目中村勘三郎さんなどがいました。

3.池田鉄洋の出演ドラマの人気ランキング

すでにご紹介しましたように、池田鉄洋さんは、実にたくさんのドラマで活躍していました。

これらの人気ランキングですが、やっぱり、もっとも人気だったのは、ドラマ『トリック』シリーズと、ドラマ『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズでしょう。

池田鉄洋さんは、前者では秋葉原人役、後者では木原毅彦役を熱演。

前者では、2005年の『トリック 新作スペシャル』、2010年の『警部補 矢部謙三』、2013年の『警部補 矢部謙三2』に。

後者では、2006年の『医龍-Team Medical Dragon-』、2007年の『医龍-Team Medical Dragon-2』、2010年の『医龍-Team Medical Dragon-3』、2014年の『医龍-Team Medical Dragon-4』に出演しています。

続いては、2018年に、末次康介役で出演した、ドラマ『アンナチュラル』。

そして2020年に、七尾拓役で出演した、ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』といったところでしょう。

なお、池田鉄洋さんの出演ドラマといえば、1999年に、潮田又之丞役で出演した、NHK大河ドラマ『元禄繚乱』、2006年に、河原亮一役で出演した、NHK連続テレビ小説『純情きらり』も捨てがたいでしょうね。

4.池田鉄洋の役柄や感想

このような池田鉄洋さんが演じた役柄でも興味深かったのが、ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の七尾拓役でした。

七尾拓は、薬剤部副部長。

治験の管理を担当しています。

薬剤部のメンバーでは、不気味な男なのでした。

こういう独特としかいいようがないキャラクターをさせたら、池田鉄洋さんは一級ですね。

江口のりこさんの男性版といえるかもしれません。

ドラマ『アンサングシンデレラ』はFODプレミアムで配信されており、1話から最終回まですべて見放題です。

FODプレミアムのバナー画像

>>無料でアンサングシンデレラを今すぐ見る

FODプレミアムは初回登録から2週間は無料で利用できますので、一気観すれば無料で全話見れてしまいますね。

池田鉄洋さんは、唯一無二といってもいい存在感が売りの、まさしく名バイプレーヤー。

これからもどんな演技を見せてくれるというのか、非常に楽しみですね。

2021年も、そんな池田鉄洋さんのことを見守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です