ダイヤモンドの芸歴|野澤輸出と小野竜輔の経歴|おもしろさをラッキー○○の動画で考察

ダイヤモンド(芸人コンビ)の画像

毎年、正月の風物詩となっているお笑い番組といえば、『新春おもしろ荘』ではないでしょうか。

これまでに、人気お笑い芸人の登竜門として知られてきた、有名な番組ですよね。

それだけに、2021年も『新春おもしろ荘』が楽しみなわけですが、今回も登場するお笑い芸人たちは、実に豪華な顔ぶれになっていました。

さて、ここでは、そういったお笑い芸人たちのなかから、ダイヤモンドというお笑いコンビを取り上げていきたいと思います。

ダイヤモンドの芸歴とは、どのようなものだったのでしょうか。

ダイヤモンドのメンバーである、野澤輸出さんと小野竜輔さんのプロフィール、そして、ダイヤモンドのおもしろさが分かるラッキー○○の動画についても、見ていきましょう。

1.ダイヤモンドの芸歴

そもそも、『新春おもしろ荘』は、『ぐるぐるナインティナイン』のコーナー「おもしろ荘へいらっしゃい!」を前身としていました。

お笑い番組だけに、お笑い芸人たちがネタを見せていくという内容なのですが、そのシチュエーションは独特のもの。

登場するお笑い芸人たちは、おもしろ荘という架空のアパートの住人という設定になっていたのですね。

独立したお笑い番組になって以降は、毎年、正月に放送され、これまでに、数多くのお笑い芸人たちが、ここから世に出ていったのです。

さて、気になる2021年の『新春おもしろ荘』は、日本テレビ系で、20201231日、24:3026:00202111日、0:302:00)にオンエアされる予定になっていました。

『新春おもしろ荘』の出演者は、一般のキャストが、敬称略で、ナインティナイン、志尊淳、浜辺美波、出川哲朗、有吉弘行、ぺこぱ、エイトブリッジ、など。

そして、芸を披露していくお笑い芸人たちが、敬称略で、さんだる、オフローズ、ダイヤモンド、野田ちゃん、エルフ、フタリシズカ、戦士、やす子、ワラバランス、Everybody、となっています。

ここでは、こういったお笑い芸人たちのうち、ダイヤモンドをチェックしていくことにしましょう。

ダイヤモンドは、野澤輸出さんと小野竜輔さんからなるお笑いコンビ。

吉本興業に所属しています。

野澤輸出さんと小野竜輔さんは、もともと東京NSC、大阪NSCに所属していて、エリアこそ異なるものの、吉本興業のなかでは同期という関係でした。

そして野澤輸出さんと小野竜輔さんは仲がよかったため、2017年、小野竜輔さんが野澤輸出さんに打診したことによって、ダイヤモンド結成となったのです。

これまでのお笑いの出場歴は、2017年に、M-1グランプリでの2回戦進出。

2018年に、M-1グランプリでの準々決勝進出。

2019年に、M-1グランプリでの準々決勝進出。

2020年に、キングオブコントでの準々決勝進出、M-1グランプリでの準々決勝進出となっていました。

テレビ番組では、『ヒルナンデス!』にも出演しています。

そんなダイヤモンドは、2019年には、YouTubeチャンネルのダイヤモンドお笑いチャンネルを開設したことによって、YouTuberとしてもデビューをはたしていました。

今後も、ダイヤモンドの動きから目が離せそうにありませんね。

2.ダイヤモンド野澤輸出の経歴

続いては、ダイヤモンドのメンバーたちのプロフィールを見てまいりましょう。

まずは、野澤輸出さん。

野澤輸出さんは、19861224日、栃木県の出身で、202012月現在の年齢は、34歳となっています。

最終学歴は、明治大学政治経済学部政治学科卒業。

身長は171センチ、血液型はB型でした。

ダイヤモンドでは、ツッコミを担当しています。

過去には、エレーン、シン・ノザワといったお笑いコンビで活動していました。

3.ダイヤモンド小野竜輔の経歴

続いては、小野竜輔さん。

小野竜輔さんは、1990813日、山口県の出身で、202012月現在の年齢は、30歳となっています。

最終学歴は、宇部中央高校卒業。

身長は177センチ、血液型はA型でした。

ダイヤモンドでは、ボケを担当しています。

過去には、アルドルフ、セクシーパクチーといったお笑いコンビで活動していました。

また、SALTY’sというエアバンドのベースを担当したり、お笑い以外でも活躍を見せています。

4.ダイヤモンドのおもしろさをラッキー○○の動画で考察

さて、お笑いコンビとくれば、芸風は見逃がせませんよね。

そしてダイヤモンドの場合、ラッキー○○というネタがあったのです。

そこで、ダイヤモンドのおもしろさが分かる、このラッキー○○の動画を観てみました。

内容は、小野竜輔さんが、野澤輸出さんを占ってもらった結果を語り続けるというもの。

ラッキーカラーは○○、というのが始まりで、以後、いろんなネタに展開していくのです。

機会があればぜひ、お楽しみください。

ここまでダイヤモンドについて見てまいりましたが、非常に愉快なお笑いコンビでした。

『新春おもしろ荘』に出演するライバルたちは、いずれも手ごわい者たちばかり。

しかし、ダイヤモンドであれば、きっと結果を出してくれるに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です